ウェルネット >企業研修(講師派遣) > ラインナップ > ストレスチェック関係研修

ウェルネットの企業研修(講師派遣)
ストレスチェック関係研修

メンタルヘルスケア研修

現代の社会生活では、成果主義の激化などに伴いストレス要因が増大しており、うつ病や適応障害を発病する方も増え、多くの企業でその対策が課題となっています。当研修では、労働衛生の一環として年々重要性を増しているメンタルヘルス対策への取り組みについて学びます。

【対象業種】全業種

【受講対象】管理職クラス・全従業員

【教育訓練技法】講義法・討議法・事例研究法

【最適受講者数】10~50名

【カリキュラム】
  1. メンタルヘルスの現状についての理解
  2. 企業リスク
  3. メンタルヘルスのポイント
  4. 復帰支援プログラム
  5. ストレスケア
  6. 傾聴のトレーニング

 

集団分析結果を踏まえた職場環境改善ワークショップ

ストレスチェック実施後の集団分析結果を受けて職場環境改善を図る際は、管理監督者が筆頭となり、職場の労働者全員で十分な話し合い・改善意識の共有を図っていくことが必要です。ここでは、コンサルタントがファシリテーターとなり、貴社で行う職場環境改善会議の議事進行を務めます。ワークショップにより職場環境改善の課題・優先度が明確となり、職場全員が一体となって効果的に改善を進められます。また、職場環境改善計画書を作成いたします。

【対象業種】 全業種

【受講対象者】 管理職クラス・一般職クラス

【教育訓練技法】 講義法・討議法

【最適受講者数】 5~30名

【カリキュラム】
  1. ストレスチェック制度概論
  2. 企業の健康配慮義務と事業者責任
  3. 集団分析におけるストレス判定図の見方と仮説の検討
  4. 職場環境改善ワークショップ(グループワーク)
  5. ワークショップからみられた改善点のまとめと改善計画立案

 

アクションチェックリストを用いた職場環境改善手法・研修

ストレスチェック実施後の集団分析結果を受けて職場環境改善を図る際は、管理監督者が筆頭となり、職場の労働者全員で十分な話し合い・改善意識の共有を図っていくことが必要です。ここでは、職場環境改善を行うにあたり必要なワークショップの議事進行方法、メンタルヘルスアクションチェックリスト(職場環境改善のためのヒント集)を用いた職場環境改善手法などを学び、会社における各集団が自発的に職場環境改善を進められるよう管理監督者を養成します。

【対象業種】 全業種

【受講対象者】 管理職クラス

【教育訓練技法】 講義法・討議法・事例研究法

【最適受講者数】 5~30名

【カリキュラム】
  1. ストレスチェック制度概論
  2. 企業の健康配慮義務と事業者責任
  3. 集団分析におけるストレス判定図の見方と仮説の検討
  4. アクションチェックリストによる事例研究と職場環境改善への活用法
  5. 職場環境改善ワークショップ(グループワーク)
  6. ワークショップからみられた改善点のまとめと改善計画立案

 

ご要望に応じて
企業研修・社員研修をカスタムメイドいたします。
お気軽にお問い合わせください。

株式会社ウェルネット

電話 03-6380-1512
FAX 03-6380-1513

こちらから、
企業研修のパンフレット(PDFファイル)を
ダウンロードしていただけます。

 

  階層別・課題別研修のご案内
(PDF形式 4.4MB)

 

 



↑ PAGE TOP